他人の話をちゃんと聞こう

話しに行くより聞きに行こう

あなたは他人との会話の中で、どんなことを意識していますか?

 

なんも考えてない・・・・とか言わないですよね?

 

他人との会話ってつまり情報交換のチャンスってことです。

 

このチャンスを棒に振ってはいけません。

 

いちばんチャンスを棒に振ってしまうタイプなのが

 

自分の言いたいことだけをばーーーっと話してしまうひと。

 

たくさんしゃべって一時的にスッキリするのかもしれないけれど

 

自分の情報をばらまくばかりで、相手から情報を引き出すことができませんよね。

 

情報が得られないということは、つまりそれはコミュニケーションの場に赴いておきながら無駄足を踏んだということになるワケです。

 

私は話したかったんだからいいの〜って思う人もいるかもしれないけれど本当にそうでしょうか?

 

話をした相手に好印象を持たせるのはいつだって聞き上手なひとの方です。

 

しゃべりたいだけの輩なんて、世間は求めてはいないのです。