知っておきたい料理法

和食について学んでもっと調理が得意に

すぐ活きる基礎

 

浸し物を作るやり方に関しては三者三様でしょう。

 

しかし、基本的な料理法をチェックしてみるのも良いでしょう。

 

みりんやしょうゆ、そして出汁を混ぜた調味料と和えていただくスタイルが基本の料理の仕方と言えますが、一方でシンプルにしょう油と合わせるのみで仕上げる浸し物を作るのもメジャーです。

 

大根・胡瓜などを使った一夜漬けも、常に食事へ供してあげたいものではないでしょうか。

 

浅漬の塩分量の目安は、野菜に比しておよそ2〜3パーセント程度が理想と言われます。

 

塩分のみでも大丈夫と言えますが、可能であればしょうがですとか昆布、トウガラシなどを同時に漬けると味わいとうまみ成分が出てきます。

 

値が張る料理だけでなく家庭の料理に至るまで、あらゆる美味な和風料理には必然的に隠し玉になる出し汁を使っているものです。

 

何かと忙しい日本人はついファストフード等を摂ってしまいがちでしょうが、たまにはゆっくり手間ひまを掛けた御飯に舌鼓を打ちたいものです。